来客用のインテリアとして役立つソファ


2014/10/22 更新

多くの家で活躍中のインテリア家具 ソファ

多くの家にある家具としてインテリア、ソファがあります。インテリアでもあるソファは大小様々で、家族構成や生活水準などで大きさや価格が変わってきます。ソファに座るだけ一日の疲れが吹っ飛んでしまう感覚に陥ることも出来るため、まだインテリアとしてソファを持っていない方は是非とも家具を扱うお店に足を運んでみてください。

家の中でソファ家具の上にいる時間が一番長いという人もいるでしょう。家具の中でも最も重要視されているソファ。ソファについて詳しく解説して行きたいと思います。

ソファという言葉はアラビア語が由来とされています。ソファはイスに似ている家具の一種であり、後ろに背もたれがあり、左右の端には肘掛があるのが特徴として見受けられるインテリアです。

ソファ家具の魅力の一つは、座面や背もたれの部分が柔らかく、座ったときに包まれるような快適なすわり心地で、一人で座る専用のソファから数人が一緒に座っても狭くないソファまであることです。国によってソファを意味する言葉、インテリアが違ってきます。

それは大きさや用途などによって使い分けられているようです。ソファが見られる場所は家の中でも家人や来客用にリビングルームや居間に置かれています。会社などでは応接室や会議室などにもソファ家具の姿を見ることが出来ます。

ホテルのラウンジや部屋にも家具として置いてあり、旅や出張で疲れたお客様をくつろがしてくれます。ソファはテーブルや机を挟んで複数のソファを組み合わせて使用する家具でもあり、部屋の形状に合わせて角を有効利用するようにコーナーに沿って配置することも出来ます。

ソファの表面は皮張りで出来たものから布張りのものまであります。インテリア、ソファ家具に使われる皮は人口皮革や本革である。ソファの枠組みに使われている素材は、木や金属が一般的であり、内部には座り心地を良くするためのクッションが入れられています。

このクッションにはコイルばねを使ったクッションやインテリア、スポンジやウレタンなどを使用してよりクッションに弾力性を持たしています。ソファはただ座るだけに用いられる家具ではなく、ソファの上で寝転がれるようにもなっているのです。

ソファでくつろげる空間はソファのみならず、その空間を演出しているインテリアや雑貨も重要になります。好きな可愛い雑貨に囲まれたり、癒されるアロマの香りや観葉植物などのグリーンがあったり…など空間全体があなたを癒すものとなるでしょう。

ソファが歩んできたインテリア家具の歴史

ソファの家具としての歴史は古く、ソファの祖先に当たる物が人類に初めて登場したのが18世紀のフランス。ソファが発展した背景には、インテリア家具として会話を楽しめるスペースを作り出せたことがあるのはご存じですか?これは後に宮殿や邸宅などに急増していきました。

ソファは当初、四角で木の枠に華やかな皮を張った贅沢なインテリア家具でしたが、この後質素な物へと替わっていきました。王政復復興後は簡素で紫や渦巻き模様で飾られたソファが目立つようになってきました。その後、モダニズム様式などが家具に取り入れられるようになってくるとソファも劇的に変化を遂げました。

ソファは革命や変革など時代の流れによっても変化をしてきた家具であり、現代のソファへと移り変わってきました。ソファを見るだけでその時代の様式や生活観を伺うことが可能で、歴史の教科書のような役割も果たしているのです。

ソファは貴族から市民まで重宝された家具でした。古代ではお金持ちなどしかソファを購入することは出来なかったが、今ではどの家庭にも一つはソファを見ることが可能。

時代の変遷を幾つも乗り越えて、今では私たちに癒しの空間を提供してくれているのです。ソファはブランドやデザイナーによって価格はピンからキリまであるのですが、自分に合ったソファはいつまでも自分を守ってくれるんです。

インテリアとは?

良い家をイメージした時に大きな影響力を持っているのがソファなどのインテリア、家具の存在です。高級なソファなどの家具、インテリアを家に置いているとそこに住む人の年収や財産の影を感じ取れます。たかがソファと言えども、侮るな、ということですね。

アンティーク調の家具、インテリアを置いている家は芸術やアートに精通している人が住んでいるのかと推理することも出来ます。インテリアでそこに住んでいる人の人柄、性格、職業、身分なども大雑把にでも掴み取ることが出来ます。

インテリアとは人を写し出す鏡のような役割を担っています。ソファも同様。 インテリアは日本語で室内装飾品という意味になります。室内における装飾やそれらに付随している照明、装飾家具を総称してインテリアと呼んでいます。

インテリアが指し示す物は室内を装飾する家具を指していますが、狭義では装飾に特化した品物のみをインテリア、または家具と表現する場合があります。インテリアという言葉は装飾品などによって装飾された空間という概念が強く見られます。

インテリアに含まれる品物としては、カーテンやカーペット、壁紙、床材などの家具、窓やブラインド、カーテンレールや間仕切りなどもインテリア、家具に含まれます。和室においてもインテリアは当てはまり、襖や障子、欄間などの家具がインテリアに含まれます。
そもそもインテリアの基準は?
インテリアという定義や基準は曖昧で、OA機器などもインテリアに含まれる場合があります。OA機器や家電をインテリアに含まないとする場合もあり、理由としてはこれらは実用性などを重要視しているアイテム郡であるからです。

システムキッチンは実用性もありますがインテリアとして考えられています。これはインテリア購買層の問題が関係しており、インテリア商品の購買層と性質が似ていることが考えられます。インテリアの対義語として屋外の装飾品はエクステリアと表現します。エクステリアは娯楽性などを訴求した商品やアイテムが多く見られます。
インテリアが日本に定着した経緯

Valuable information

2015/1/30 更新

  1. 素材別:アジアン家具手入れ
  2. 祭りや儀式に使うバリ家具
  3. 収納家具の利便性追求
  4. オイル仕上げのカントリー家具
  5. 家具の正しい処分方法
  6. 人それぞれの「理想の家具」
  7. 大きさ、用途でオーダーメイド
  8. 安眠できるソファベッド
  9. インテリアソファの高級感

Copyright (C) 2008 家具情報サイト「家具便り」. All Rights Reserved.